国内最大級の超豊富な品揃え!楽天市場でショッピングがアツい

ゲームオブスローンズ シーズン1 第2話

ゲームオブスローンズ シーズン1 第2話を見ました。


ブランを殺しに刺客を送ってくるとは。。


それにしてもジョフリーの悪役っぷりがすごいですね。



ダイヤウルフが殺される必要なんてなかったはずなのに…

サンサがしっかり証言していればなぁ。


アリアとサンサの仲が悪い設定みたいなんですが、
それがよくわかるシーンでした。


個人的にジョフリーまじできらいw

これからゲームオブスローンズを観る人向け シーズン1 人物紹介

ゲームオブスローンズは観てるうちにどんどん面白くなっていくらしく、
シーズン2くらいまでは観ないと真の面白さがわかりにくいようなのですが、
その理由の1つが登場人物多すぎ問題ですw


シーズン1の第1話からガンガン知らない人が出て来るので、
先に人物の関係をざっくり把握している方が理解しやすいと思います。


(ウォーキング・デッドでは第1話なんてリック・モーガン・息子くらいだったのにw)



そこで、簡単にまとめておきますので参考にしてください。



■■■シーズン1の第1話に出てくる家柄や一族

■パラシオン家 → 反乱に成功したロバート王の一族

■スターク家 → ウィンターフェルを治める領主んの一族

■ラニスター家 → ロバート王の妻の一族

■ターガリエン家 → パラシオン家に反乱を起こされ亡命した一族



■■■パラシオン家

■ロバート・バラシオン

robert.png


七王国の王様でネッドとは親友。
ネッドの妹、リアナと婚約していたが殺される。

王様だが王の手のジョンアリンに政治を任せて遊ぶ呆けていた。


■ジョフリー・パラシオン

jofry.png


ロバート家の長男。

サンサと婚約している。

家臣のハウンドを常にボディガードとして従えている。


■ミアセラ・パラシオン

miasera.png


パラシオン家の長女だが、リコンと同じくシーズン1ではほぼ出番なし


■トメン・パラシオン

tomen.png


パラシオン家の次男だが、シーズン1ではほぼ出番なし



■■■スターク家

■エダード・スターク

edado.png


ウィンターフェルの領主で通称ネッドと呼ばれている。

七王国の王、ロバート・パラシオンと兄弟のような関係で、
前任の王の手が死んだことで後任に任命された。


■キャトリン・スターク

kyatrin.png


タリー家の長女でネッドの妻

ネッドの兄ブランドンの元婚約者だった。

ネッドに王の手になって欲しくない


↓スターク家の5人の子供(ぞれぞれダイアウルフを所有)

■ロブ・スターク

rob.png


スターク家の長男で世継ぎ。

序盤は大きな出番はない。

ジョン・スノウと仲が良く、ダイアウルフはグレイウィンド。


■サンサ・スターク

sansa.png


スターク家の長女。

パラシオン家のジョフリーと婚約。

(政略結婚?本当に好意を持っているのかは不明)

ダイアウルフはレディ。


■アリア・スターク

aria.png


スターク家の次女。

男のようにおてんばで、ジョフリーと揉めた子。

姉とは仲は良くないがジョン・スノウとは仲が良い。

ダイアウルフはナイメリア。


■ブラン・スターク

blan.png


スターク家の次男で高いところに登るのが好き。

ジェイミーに塔から突き落とさた子。

ダイアウルフはサマー。


■リコン・スターク

ricon.png


スターク家の三男。

シーズン1では幼子のため、ほぼ出番なし


■ジョン・スノウ

snow.png


スターク家ではないがネッドの息子(私生児)

妹のリアナが死んだ後にネッドが連れてきた。

キャトリンは快く思っていないため冷たい。

ダイアウルフはゴースト



■■■ラニスター家

■タイウィン・ラニスター

tiwin.png


七王国の西部総督。

王の手だったが、ジェイミーが王の盾に任命されたことで、
家を継げなくなったため辞職。


■サーセイ・ラニスター

sasei.png


ラニスター家の長女で、ロバート・パラシオンの妻。
(政略結婚のため愛情はなし)

弟のジェイミーとは双子で肉体関係がある。


■ジェイミー・ラニスター

jeimi.png



ラニスター家の長男で王の盾。イケメン。

似てないが、サーセイと双子の弟。

王の盾の立場なのに王を背後から刺殺したことで、
キングスレイヤーと侮蔑されている。


■ティリオン・ラニスター

tirion.png


ラニスター家の次男。小人症なので小さい。

ジェイミーとは仲が良いが、タイウェンとサーセイは、
ティリオンのせいで母親が死んだことで良く思われていない。




■■■ターガリエン家

■ヴィセーリス・ターガリエン

vise.png


狂王エイリス二世の次男。(長男ではない)

ロバート王の反乱の生き残り。

海を渡ってエッソスに逃げ、妹をドスラク人に捧げて復権を狙う。



■デナーリス・ターガリエン

denarisu.png


狂王エイリス二世の長女でヴィセーリスの妹。

復権のためにドスラク人に嫁いだ。




■■■その他(画像なし)

■ルーウィン

キャトリンに知らせを持ってきたおじいちゃん


■ジョン・アリン

前任の王の手。どうも暗殺されたらしい。


■ライサ

キャトリンの妹。キャトリンに使いを送ったことで登場


■カール・ドロゴ

ドスラク人の長。


■ジョラー・モーモント
デナーリスに使えている人で元々はスターク家の家臣


■ベンジェン

ネッドの弟。スノウが頼る叔父


ゲームオブスローンズ ジョン・スノウが宴に参加できなかった理由


ジョン・スノウはエダード・スタークの息子ですが正妻の子ではありません。


ゲームオブスローンズの世界では、正妻以外の女の子供は一般的に私生児と呼ばれます。

身分も低く、存在を隠したいため公の宴の場などでは席は用意されません。


そのため、会場に入ることができずに外で剣を振っていたわけです。


名前も「ジョン・スノウ」とスターク家を名乗らせてもらえていないのは、
スタークの息子ではあるが、スターク家ではないためです。

ゲームオブスローンズでデナーリスがドスラク人の王カール・ドロゴに嫁いだ理由

dena.png



ゲームオブスローンズでデナーリスがドスラク人の王カール・ドロゴに嫁いだ理由ですが、
一言でいうと、兄のヴィセーリスが復権を狙うための軍事力確保目的で売られたのです。


現在の王のロバート王(パラシオン家)は、
ターガリエン家が治めていた土地にロバートが反乱を起こします。


これにロバート王側が勝利したことで、ターガリエン家は敗北。

生き残りのヴィセーリスはウェスタロスから海を渡った自由都市に逃亡します。


そして、復権を目指しているものの、軍事力が足りないため、デナーリスをドスラク人に嫁がせようと画策。

ドスラク人は武力がすごいので、それを利用しようとした。


つまり、軍事力のために売り渡したのと同じなのでひどい話ですね。

ゲームオブスローンズ シーズン1の第1話につながる事前情報

1-1-0.png



ゲームオブスローンズ ではシーズン1の第1話から説明も少なめにいろいろ話が出てきて混乱するので整理しておきます。


一番最初に起きたできごととしては、
8000年前の「森の子ら」と「最初の人々」の争い



その後、森の子らを守る魔法によってホワイトウォーカーが誕生



森の子らの支配下から抜け出し、人々の脅威となる



北の地からすべてのものを殺しつつ、ウェスタロスへ侵攻
(殺した者を亡者として軍に加えていた)



ウェスタロスの人とホワイトウォーカーの争い
(夜明けを呼ぶ戦争)



凍りつく北の土地にホワイトウォーカーを撤退させる
(一応、人間側の勝利)



巨人&森の子らと協力し壁を作る
(ホワイトウォーカーや野人が七王国に攻めてこないように)



壁の番人としてナイツウォッチを結成

※これがロバート王の反乱の8000年前




↓ すごく長い時間が経過



ホワイトウォーカーは夜明けを呼ぶ戦争の撤退以降、
絶滅したと言い伝えられてきたが、目撃情報が増え始める



シーズン1の第1話につながる



という感じです。